すべり症,  カイロプラクティック,  シビレ,  ヘルニア,  坐骨神経痛,  椎間板,  狭窄症,  腰痛,  骨盤

腰の痛い方へ…..ヘルニア、すべり症、狭窄症

多くの場合腰痛は、まずCAT(カテゴリー)3で治療します。

腰の痛み、足のしびれ、麻痺などの神経症状

こんばんは、今日は腰痛、CAT3について書いてみます。

ひとことで腰痛と言っても様々なものがありますが…….

例えば、椎間板ヘルニア、すべり症、狭窄症、椎間板症など。

当院では、患者さんの状態を検査して、まずカテゴリーに分類して治療に入っていくのですが、上記で書いた疾患は、CAT3で進めていく場合が多いです。

CAT3とは、どんな状態なのでしょう

http://magonote.link/cairo/

上のリンクでの説明を踏まえてもう少しCAT3について掘り下げて書いてみます。

CAT3とは、仙腸関節の異常が限界を超え、骨盤の動きが失われた場合には腰椎が全ての動きを代行する事になります。

それが長期に渡ると腰椎や椎間板(DISC)はこのストレスに耐えられなくなり、髄核や軟部組織に異変が起こり、腰痛、座骨神経痛、下肢のしびれや痛みなどの症状が現れます。

立位の姿勢では多くの場合、傾きがあらわれます。

問題となる部位としては?

腰椎.….回転や傾斜

椎間板…..椎間板層(線維輪)の断裂による椎間板の膨隆や髄核の突出または、脱出によって椎間孔が閉鎖される事によっておこる神経への圧迫

大腰筋.….この筋の過緊張は線維輪の突出、腰椎の軸転や下方変位の原因となります。

梨状筋.….この筋の過伸長は坐骨神経を押さえつけます。

腸骨大腿靭帯…..この靭帯の異常は股関節をロックし臀部や下肢などの痛みに関係します。

上で書いた部位が原因で起こる腰痛は、それぞれ特徴のある症状がありますが、一般的には下肢後側の神経走行に沿って片側性(時には両側性)の腰、股関節、大腿部、足部に痛み、しびれ、麻痺などの神経根の圧迫や伸長による症候がおこります。

この様な状態がCAT3となります。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました(^_^)/

トップページはこちらからhttp://magonote.link/

The following two tabs change content below.
院長 山本純功

院長 山本純功

広島県尾道市のまごのてカイロ整体院 院長の山本純功です! 慢性的な腰の痛み、しびれ、膝の痛み、上がらない肩などのどこへ行っても良くならない辛い症状でお困りの方へ 「私が皆様方の最後の砦となれれば!」と思っております。 何でもご相談ください!http://magonote.link/
院長 山本純功

広島県尾道市のまごのてカイロ整体院 院長の山本純功です! 慢性的な腰の痛み、しびれ、膝の痛み、上がらない肩などのどこへ行っても良くならない辛い症状でお困りの方へ 「私が皆様方の最後の砦となれれば!」と思っております。 何でもご相談ください!http://magonote.link/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください