SOT(sacrumoccipitaltechnique)

SOTテクニックについて

一般的にカイロプラクティックと言えばディバーシファイドやガンステッドといった骨をポキポキ鳴らす様なテクニックをイメージされるかたが多いのではないかと思います。当院では数あるカイロプラクティックのテクニックの中でも強い力を使わず、ゆるやかに矯正するSOT(sacrumoccipitaltechnique)を施術の中心に置いています。

身体の歪みに対してソフトな骨盤矯正を行います

SOTでは人間の歪みのパターンを研究して、大きく3つの歪みに分類(カテゴリー)しました。

その3つのカテゴリーを導き出すための独特の検査方法が数多くあり、まず患者さんのカテリーを決定させます。

カテゴリーに応じて、骨盤の下にブロックを挿入して、患者さんの呼吸運動と体重を使って矯正を行い、その間に筋肉の調整や首、頭蓋骨への調整を行います。

各カテゴリーで起こってくる症状は以下の様になり治療はこの複合で行います。

cat1 骨盤・身体の捻じれが大きい

bone1

腰痛、四肢のしびれ、顔面のしびれ、鈍痛、血圧の異常、言語障害、目・耳・鼻喉の問題、情緒的な問題、不眠や神経過敏、内臓の不全や疾患、退行性病変、梨状筋性の坐骨神経痛、皮膚病、筋無力症、自律神経失調症、ぜんそく。

cat2 骨盤が不安定(緩んでいる)

bone2

骨盤痛、腰痛、大腿の前側や外側の痛み、下肢を組むとつらい又は臀部が痛い、足と足首の痛み、下肢と足の循環障害、異常歩行、なんとなく歩きづらい、股関 節の炎症、背部痛、手・腕・肩症候群、めまい、耳鳴り、耳鳴りを伴う難聴、不眠症、神経(質)症、裂孔ヘルニア、喉が鋳たい、疲れやすい、座位から起立し にくい、立位で痛みが増強する、就寝後数時間で痛む、全身の緊張、前傾起立、斜頚、男:前立腺・女:子宮の障害、生理痛(不順)更年期障害、顎の問題。

cat3 椎間板ヘルニア(重度な腰痛)

bone3

腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、大腿の後面の痛み・張り、股関節の痛み、下肢の痛み・しびれ・麻痺。

安全に、かつ効果的に矯正が出来るテクニックです。

その他にも、脳幹調整法(寝楽、座楽)動体療法、シンクロ矯正法、ジョイントセラピーなどのテクニックを使い、様々な症状に対応させて頂いております。

また、上記のテクニックは、

いずれもソフトな矯正なのでお子様から高齢の方まで安心して、おこし下さい♪